2017年09月11日

夏の終わりなので、キルンワークに精出してみました。

すずしくなってきましたね!
九州はずっと暑かったので、実感がなかったのですが、関東から北方面は冷夏だったそうですね。
今さらですが、世間からずれまくっているかわりもん屋です。

涼しくなってきたので、懸念だった電気炉のチェック中です。
午前中にガラス教室「ひとつぶの空」(www.hitotsubu-sora.com)で習ったノートやら、キルンワークの本やら、電気炉の取扱説明書を並べてプログラムを設定し、電気炉のコンピュータに入力。
午後からは入力したプログラムが実際に動くかどうかを、つきっきりで1日かけてチェックです。


陶芸体験でも、フュージング体験でも、電気炉を実際に操作するところまで教えてはくれません。
なぜなら、電気炉は大型小型、環境によっても設定が微妙に変わり、大変時間がかかるからです。
続きを読んでみる
posted by かわりもん屋 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | キルンワーク