2017年09月12日

再生ガラス こんなこともあるんだね

こんにちは
先日から、結構マジメに投稿しているかわりもん屋です。
本日もキルンワーク、電気炉のお話し。
最初の窯入れからこっち、焼いているのは琉球ガラスです。
破片を詰め合わせされているものを預かったので、全部アクセサリパーツにできるように電気炉で丸く形を整えようとしていました。
前にも一度やったことがあるので、今回も気軽に一気に焼いちゃえ!と思っていたんですが。
最初に電気炉で焼いた後の写真はこちら↓


破片によって焼き加減に差が出て、明るめの破片はすべて丸くなっていたんですが、寒色系や緑といった破片が全然変化なし。
すわ、電気炉の故障かと思い、自分用のフュージング用ガラスで試してみたところ。

こんな感じで問題なし。
さては温度のせいかと、少し高めに設定して、再度チャレンジしたものの。

よく見ると、破片の端々は丸くなっているのですが、形が変わるほどじゃありません。
本当だったら、フュージング用ガラスのように丸くしたかったんですが・・・。

ふと、思い出したのが、日経サイエンスに掲載されていた、若冲の青を再現という記事です。
若冲の青について 
ガラスに色をつけるには、様々な素材が使われます。銅はよく聞きますし、そこのところは染料とよく似てるなと思います。
独自色を出すには、様々な素材で試してみる必要があるわけで、例えばそれはかなりな高温で燃焼しなければならないかもしれません。吹き硝子ならあり得る・・・。
再生ガラスを利用するのには、結構地道な研究が必要です。
こんなことも、あるんですヨね。
【キルンワークの最新記事】
posted by かわりもん屋 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | キルンワーク

2017年09月11日

夏の終わりなので、キルンワークに精出してみました。

すずしくなってきましたね!
九州はずっと暑かったので、実感がなかったのですが、関東から北方面は冷夏だったそうですね。
今さらですが、世間からずれまくっているかわりもん屋です。

涼しくなってきたので、懸念だった電気炉のチェック中です。
午前中にガラス教室「ひとつぶの空」(www.hitotsubu-sora.com)で習ったノートやら、キルンワークの本やら、電気炉の取扱説明書を並べてプログラムを設定し、電気炉のコンピュータに入力。
午後からは入力したプログラムが実際に動くかどうかを、つきっきりで1日かけてチェックです。


陶芸体験でも、フュージング体験でも、電気炉を実際に操作するところまで教えてはくれません。
なぜなら、電気炉は大型小型、環境によっても設定が微妙に変わり、大変時間がかかるからです。
続きを読んでみる
posted by かわりもん屋 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | キルンワーク

2017年09月06日

本屋さんに行きましたら語学力のなさを痛感しました

福岡のかたすみで、こっそりガラスで器づくりしております。
かわりもん屋です。

市内とはいえ端っこの山の近くに住んでいるので、工房内でずっと作業をしていると、時間や曜日の感覚がなくなってきます。
へたをすると誰とも話さない日があったりするので、たまに買い物で街中に出ると、飛び交う会話の多さに刺激を受けて、頭の中がゆらゆらするようです。
続きを読んでみる
posted by かわりもん屋 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | かわりもん屋日記

2017年09月04日

ファンタスマゴニアへ行こう(たむらしげる氏作品)

涼しくなりましたね〜
電気炉をスタートして工房を閉じたら、さっさと部屋に引き上げて休憩する、という一連の流れが復活してきました。昼間はサンドブラスト&電気炉に入れるものの下準備です。
1日作業できる日は1週間に1日あるかないかですが、それでもペースがつかめてきた最近は、ようやく作業の効率も考えられるようになってきました。

さて、1日作業できる日は、夜は趣味の時間に費やせる日でもあります。
あんまり疲れた時は、本を読むのもつらいので、集めたDVDを眺めます。
先日は久々に「ファンタスマゴニア」のDVDシリーズを見ました。

続きを読んでみる
posted by かわりもん屋 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | かわりもん屋日記

2017年09月02日

秋の窯開きしてみました

月がかわったせいというものでもありませんが、
朝夕過ごしやすい気候に、あっという間になってしまいました。
部屋の温度も日中どうにか25度ぐらいにはなるようになってきたので
いそいそと我が工房も窯開きです(笑)

といっても、電気炉なんですが(笑)
私がつくったガラス玉をアクセサリに仕上げてくれる、ワイヤーアクセサリ作家の東雲さん(公式ブログツイッター)から頼まれていた、琉球ガラスの破片を、アクセサリパーツにするための焼きから再開しました。



今朝、一度焼いたものを取り出してみましたが、どうにも焼き上がりがうまくいきません。
かろうじて、燃焼が早かった赤いガラスだけが丸くなってくれました。

窯が冷えるのを待って、再チャレンジです。
ご近所の陶芸家、炎也窯さん(公式HP)にお尋ねしましたら、焼き物の窯の造りは頑丈で、外気の温度に左右されにくいようになっているのだとか。
私の窯は家屋の中で、室内電源を使用しているので、特に何もしていなかったのですが、反省。
壁や天井が熱でやられたりしないように、耐熱ボードやコンクリートブロックで周辺を固めた方が、外気と遮断されて窯の温度も外気に影響を受けにくいようです。
温度はともかくとして、湿度が夏は高いので、ことしの夏は窯の温度が調整できなくて困りました。
あっさり、じゃあサンドブラスト中心で作ろう!となっちゃいましたが(^o^)
そろそろ冬の作品づくりをしたいと思います。
posted by かわりもん屋 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | キルンワーク